催展の珈琲豆を焙煎しました

2017年6月25日から岐阜・美濃加茂のコクウ珈琲にて開かれる「コーヒーを好きということ」に参加します。この催展で使用する珈琲豆を、珈琲工房ひぐち(樋口精一)の5kg焙煎機(半熱風式)を借りて焙煎しました。この後、コクウ珈琲へ納品しました。催展では、初日にフレーバーコーヒー(中川正志)とコクウ珈琲(篠田康雄)と私の3者のグァテマラ珈琲がセットで提供され、また、会期を通じて3店セットが販売されます。(以上、敬称略)

焙煎した豆…2つの豆、ウエウエテナンゴのチョフスニル(ウォッシュト)とアティトランのプンダ(ナチュラル)を生豆の重量比で4対1にプレミックスした、グァテマラ100%のブレンド。
1釜目…ガス圧1.10kPaで固定。ダンパー半開で固定。約3.3㎏の生豆を185℃投入。17分30秒経過の210℃で焙煎終了。

2釜目…ガス圧1.05kPaで固定。ダンパー半開で固定。約3.3㎏の生豆を180℃投入。17分30秒経過の210℃で焙煎終了。

計2釜を混合して終了。


珈琲豆「黄実の名は。」販売中

ブラジルのモンテアレグレ農園のパルプトナチュラル(半乾式)と、グァテマラのカルメン農園のウォッシュト(湿式)、2つのブルボンアマレロを合わせたイエローブルボン100%のブレンドです。だから「黄実(きみ)の名は。」、コクのある甘苦さが口いっぱいに拡がる中深煎りの珈琲豆です。

 

【注文方法】

「フレーバーコーヒー」(代表:中川正志/愛知県西尾市)の通販ページで販売します。注文・発送・清算は全て「フレーバーコーヒー」様にお願いしています。量に限りがあるので、売り切り終いです。悪しからず。


珈琲豆「ボケて上等! オレならこう焼く」の発売予告。

パナマ初のカップオブエクセレンス(現ベストオブパナマ)で2001年に優勝したレリダ農園。レリダはボケテ地区の数あるコーヒー農園の中でも古くから事業の質も規模も伸張させた伝統ある屈指の大農園ですが、農園自体の売買でオーナーが激しく交代して、ゲイシャブームの中で管理も行き届かず商売にボケて凋落しました。典型の観光農園と化して今に至るものの、近来ここ5年くらいは生豆の質も「ボケて上等!」と言えるくらいに復興してきました(かなり辛辣な評ですが、あくまでスペシャルティグレードの中での話です)。ならば焼きましょう…「ボケて上等! オレならこう焼く」でパナマの名門レリダ農園の珈琲豆が珈琲遊戯に登場です。

注文は(フレーバーコーヒーのWeb通販ページで)来週6月14日ごろから受け付けます。発送は6月15日以降となります。


珈琲豆「モカへの扉」の発売予告。

バニーイスマイリ(イエメン)とヤンニハラール(エチオピア)とサンイルガチェフェ(エチオピア)の3つのモカをブレンドしたモカ100%の深煎りです。3つの銘柄で「あっ!」と思った人は、「珈琲美美」のマスター森光宗男氏を存知の方でしょう。この珈琲豆の遺芳で、逝ってから半年が過ぎた森光さんを偲びたいと存じます。

 

猫のピートは、夏になるときまってモカへの扉を探しはじめる。かれは、数多いドアのなかの、少なくともどれかひとつが、モカに通じていると固く信じているのだ。そして2017年、かくいうぼくもモカへの扉を探していた。あなたならどんな気持ちになるだろう? もし、モカに始まりモカを探してモカを愛した珈琲屋のマスターが急逝してしまったとしたら……。ぼくの心には、「地上とは思い出ならずや」という足穂の言葉が思い浮かんで、夏だというのに凍てついていたのだ。そんな時ぼくの心をとらえたのは、マスターが遺した三つのモカを一つにまとめて夏空にひときわ輝く珈琲だった!

 

上記の戯文で「あっ!」と思った人は、ロバート・A・ハインラインを存知の方でしょう。そう、不朽の名作「夏への扉」(The Door into Summer)、あの作品でのピートは《冬になると夏への扉を探しはじめる》猫でしたが、私は《夏になるときまってモカへの扉を探しはじめる》のです。

 

注文は(フレーバーコーヒーのWeb通販ページで)来週6月14日ごろから受け付けます。発送は6月15日以降となります。


珈琲豆「キューティーハニー」販売中。

珈琲豆「帰ってきた ほぼブラジル」、珈琲豆「スマジャバ」、珈琲豆「鈴懸なんちゃら」(略称)のいずれも完売しました。ありがとうございます。 さて、次は「珈琲遊戯」第10弾を記念するスペシャルティです。 以前にワインを生豆に含浸させて「ぶら汁(じる) 猥(わい)にぃ」を作って味わいましたが、その際に発想した新たな企図を実現しました。
 

そう、カスカラ(ドライコーヒーチェリー)を煮出して生豆に含浸させたのです。 中途半端なハニー精製などと異なり、果肉成分をハッキリと生豆へ浸透させる‘cute’(キュート=利口、抜け目ない)な製法なので、「キューティーハニー」と名付けました。 カスカラ由来と思われる甘酸っぱさと苦甘さが渾然一体となって、甘みとコクが野太く強い味わいの「スペシャルティ」珈琲豆に仕上がりました。 Qグレード豆にカスカラ風味を加えた世界唯一の超Qグレード珈琲豆「キューティーハニー」をお楽しみください。

 

【注文方法】

フレーバーコーヒー」(代表:中川正志/愛知県西尾市)の通販ページで販売します。注文・発送・清算は全て「フレーバーコーヒー」様にお願いしています。ご注文から発送まで数日間をいただくことがあります。量に限りがあるので、売り切り終いです。悪しからず。