「いっぽんでもにんじん」は最後の一滴が勝負さ

 2017年8月9日、何と高田渡の「自転車にのって/珈琲不演唱」が7インチシングル盤で復刻されました。「珈琲不演唱」は「コーヒーブルース」と読みます。高田渡が京都に2年余いた時に通っていた「イノダコーヒ」が歌詞に織り込まれています。

この歌が最初に発売された頃に、高田渡は拠点を東京へ移して、いわゆる「吉祥寺フォーク」の中心的存在となりました。この後、高田渡は死ぬまで吉祥寺にある焼き鳥屋「いせや」へ通って酔っぱらっていました。この焼き鳥の煙に触発されて「こっちはコーヒーの匂いで客を釣ろう」と仕入れた豆を二度煎りし始めた喫茶店が「いせや」の向いにありました。

それが標交紀の店「モカ」、高田渡たちが吉祥寺で活動する頃には既に移転して「もか」となっていました。標交紀が自家焙煎の「コーヒーの鬼」になっていくころは「吉祥寺フォーク」全盛のころでもあり、吉祥寺のぎんぎら通りは「ぐゎらん堂」に出入りしていた連中の一人がなぎら健壱です。

標交紀の師である襟立博保が死んだ1975年、その年の暮れになぎら健壱が歌っている「いっぽんでもニンジン」のシングル盤が発売されました。同年に発売された「ひらけ!ポンキッキ」というLP盤に収められた「いっぽんでもにんじん」(こちらは平仮名表記)は三浦けんいちが歌っていました。

 

「珈琲不演唱」と「いっぽんでもニンジン」、高田渡となぎら健壱、京都・三条の「イノダ」と東京・吉祥寺の「もか」…「珈琲不演唱」(コーヒーブルース)は、《♪最後の一滴が勝負さ》と歌っています。珈琲豆「いっぽんでもにんじん」も、《♪最後の一滴が勝負さ》と歌いながら飲んでみてください。
ご注文は、フレーバーコーヒー通販ページ珈琲遊戯で。


「以前のコーヒー、やーめた」なんか、やーめた

 こんにちは。珈琲遊戯の帰山人と申します。数あるコーヒー屋さんの中から、当店へお越しいただき、大変訝(いぶか)しく思います。

 いきなりですが、数あるコーヒー屋さんの中には、「以前のコーヒー、やーめた」とかネガティブアプローチを多用した広告を頻繁に表示して、CTR(クリックスルー率)を上げてコーヒーを多量に販売する店があります。

 「以前のコーヒー、やーめた」とか煽られて「そうだなぁ」と思ってしまう方は、誘いにのってコーヒーを通販で買ってしまうよりも、コーヒーを飲むこと自体をやめた方がいいと思います。失礼な言い方に聞こえるかもしれませんが、「以前のコーヒー、やーめた」というコーヒー屋はあなたに対してもっと失礼ですよね。

 僕は、「以前のコーヒー、やーめた」と宣伝するコーヒーなんか「やーめた」という方に向けて、コーヒーを提供することにしました。

 おいしいコーヒーの条件は、鮮度がどうだとか、品質がどうだとか、焙煎方法がどうだとか、焙煎機がどうだとか、どこから取材を受けたとか、どこかしらで入賞したとか、そんなことはまったく関係ありません。もっと大事なことは、コーヒーを扱う者としての「性根」(しょうね)の部分です。

 僕の「性根」が優れているよ、という話ではありません。そもそも、他人を謗(そし)ったり茶化(ちゃか)したりする人は、性根がよろしいはずがありませんから。「以前のコーヒー、やーめた」と宣伝する方も、そういうコーヒーを「やーめた」という方に向けて発信する僕も、性根の腐りようは似たりよったりだと思っています。

 でも、これを読んでいただいて、ちょっぴりでも「おもしろいなぁ」と思っていただけたならば、幸いです。そのニヤニヤの勢いで、僕の「以前のコーヒー、やーめたと宣伝するコーヒーなんかやーめた」というコーヒーを買って飲んでください。

 珈琲豆「いっぽんでもにんじん」がオススメです。もちろん、完全返品保障制なんか採用していません。お客さんからの返品に応ずるならば、コーヒー屋さんは商社に、商社は生産地の輸出業者に、輸出業者は仲買人に、仲買人は農家に返品しなくてはなりません。コーヒーに失礼ですよね。だから、仮にまずくても工夫して全部飲んでいただき、次からは違うコーヒー屋さんで買ってください。でも、まずは珈琲豆「いっぽんでもにんじん」がオススメです。
 ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページ


珈琲豆「いっぽんでもにんじん」の発売予告。

新鮮なニンジンのように、涼やかで爽やかな甘苦さを一本焼きで…「いっぽんでもにんじん」

 

インドネシア・スマトラ・マンデリンとコロンビア・クラシックウィラとブラジル・パッセイオ・PN、3つの豆によるブレンドです。精製方法こそスマトラ式・ウオッシュト・パルプトナチュラルと異なる組み合わせですが、ビックリするほど突出したクセのある生豆は使わない、でも穏やかすぎて飲み応えがないところも避けたい…正にオーソドックな配合を焙煎勝負で仕立てた珈琲豆です。

 

数々のシランプリを獲得した焙煎人が送る、酸味を押さえてコクと苦みを重視したブレンドをお楽しみください。

 

ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで8月1日ごろから受け付けます。発送は8月3日以降となります。


珈琲豆「ICBM」の二段焼き焙煎の狙いと技法

珈琲豆「ICBM」は、焙煎過程で火力調整を一切しない「一本焼き」を封じて、途中で一度だけ火力を抑えた「二段焼き」です。1ハゼを過ぎて2ハゼの手前、豆自体の発熱反応で豆温度が再び急上昇を始めるポイントで火力を落としています。

「一本焼き」の場合は、豆温度が急上昇を始めてもそのまま狙った焙煎度合までほったらかしです。雑な喩えでいえば、クルマをある一定のアクセルの踏み込みで走らせていて、急に道路の下り勾配が大きくなっても、そのまま進むようなものです。当然、クルマの速度は上がります。

今般の「二段焼き」の場合は、同じくクルマの走行による雑な喩えでいえば、道路の下り勾配が急に大きくなる地点で、アクセルの踏み込みを弱くして進むようなものです。狙いとしては、クルマの速度を勾配が変わる前と同じに維持しよう、ということです。

この時、アクセルの踏み込みが(弱めたつもりでも)まだ強すぎれば、クルマの速度は上がってしまいます(図のⓐ)。 アクセルを抜きすぎると、クルマの速度は前より下がってしまいます(図のⓑ)。 アクセルの調整が遅すぎれば、急な下り勾配で速度が上がってしまってから、慌ててアクセルやブレーキを調整することになります(図のⓒ)。 まだ急な下り勾配に差し掛かる手前からアクセルの踏み込みを弱くしてしまうと、その瞬間からクルマの速度は落ちてしまいます(図のⓓ)。

さて、温度計もない手廻し釜で、どうやって勾配の変化、つまり豆温度が再び急上昇を始めるポイントを探るのか? パチパチ音がしていた1ハゼが終わって、ピチッっと2ハゼが始まる前の間に、豆の擦れ音が僅かに変わるポイントがあります。場合によっては、ごく微かに「チッ」とか「チリッ」とかいう音がします。手に伝わる釜の回転の抵抗にも僅かな変化があります。その時です! その瞬間を豆温度が再び急上昇を始めるポイントとして捉えています。

一段階目の火力調整と同様に、二段階目の火力を絞りすぎてもダメ、絞らなさすぎてもダメ、遅すぎてもダメ、早すぎてもダメ…「二段焼き」は「一本焼き」の調整を2回やるようなもので、抑える度合とタイミングを身構える緊張でクタクタになります(笑)。でも、ハマれば「一本焼き」とは異なる味わいが得られるのです。


珈琲豆「ICBM」の発射予告。

珈琲民主主義人民共和国の珈琲遊戯党は9日、「我が党と国家と珈琲の最高領導者である鳥目散帰山人同志が戦略的に決心する時間と場所から、新たに開発したICBMを打ち上げるだろう」と予告した。

珈琲民主主義人民共和国は、アジア大陸のIndia(インド)、南米大陸のColombia(コロンビア)、アフリカ大陸のBurundi(ブルンジ)、北米大陸のMexico(メキシコ)の4大陸を結ぶ大陸間珈琲師的混合(InterContinental Baristic Mix)を新たに開発したと考えられる。珈琲遊戯党は「各大陸を世界的水準で横断する珈琲豆を打ち上げられる展望が開かれた」と強調した。

早ければ来週にも珈琲豆「ICBM」が発射される見込みであり、国際社会から動向を注視されている。

ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで7月12日ごろから受け付けます。発送は7月13日以降となります。