珈琲豆「突金」をどうぞ。

Javanica Golden Lemon …だから、突金(トッキン)です。
尖った細長い豆のジャバニカ種が金色に色濃く輝く新鮮なレモンフレイバーを放ちます。

ニカラグアのマタガルパ地区にあるリモンシリョ農園で採れた
パルプトナチュラル精製のジャバニカ種100%使用。浅めの中深煎り。

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。
※同時に「赤丸」も販売中です。



珈琲豆「赤丸」をどうぞ。

Red Honey Caracolillo …だから、赤丸(あかまる)です。
赤いハニープロセス(レッドハニー精製)の丸豆(ピーベリー)だけを集めました。
その成果を存分に味わっていただくために、「ピーベリー100%保証」を掲げます。

コスタリカのセントラルバレー地区にあるブルマス デル スルキ農園で採れた

レッドハニー精製のカトゥーラとカトゥアイを使用。深煎り。

 

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。

※同時に「突金」も販売中です。


今も、次も、お楽しみください。

珈琲豆「ほぼブラジル Z」と珈琲豆「DFR賤環 Badtz-Maru」、

いずれも完売しました。
ありがとうございます。お楽しみください。

次回の珈琲豆は、鋭意企画中です。

お楽しみください。ありがとうございます。


郷愁と絶頂、有りマス。

ブラジルコーヒーの味わいの本源は、そこに確かに残るSaudade(サウダーヂ)です。

サウダーヂは「郷愁」とも「憧憬」ともいえますが、その甘苦いところを
珈琲豆「ほぼブラジル Z」として表現してみました。深煎りです。

 

新たなモカブレンドが Ramo Extáticos (Ecstasy Bouquet)を表象します。

でも、XO(エックスオー)ではありません。XO(バツマル)です。
珈琲豆「DFR賤環 Badtz-Maru」が絶頂へと誘います。中深煎りです。

 

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。

※「モカブレンド 00」は完売しました。ありがとうございました。


オマケ企画はバツ?マル?

「Dire Fiery Roast 賤環」のシリーズ第3弾の「Badtz-Maru」(バツマル)は、
何とオマケ企画!
詳しくはフレーバーコーヒーのWeb通販ページ(こちら)で

 

「エチオピア ヤンニハラール モカ」を存分に配合したモカブレンド、
これを全く同じ配合で中深煎りと深煎りで飲み比べができるオマケ企画です。
詳しくはフレーバーコーヒーのWeb通販ページ(こちら)で


珈琲豆「モカブレンド 00」をどうぞ。

「俺がモカブレンドだ!」…そう言える深煎りモカブレンドの登場です。

それは「エチオピア ヤンニハラール モカ」を存分に配合した、来たるべき対話の始まり。

「モカブレンド 00(ダブルオー)」狙い撃つぜ!

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。

※「モカブレンド 00」と「ほぼブラジル Z」の同時購入でオマケ企画があります。


全部、黒い。

全部、黒い。

 

ちなみに、(珈琲豆の主題背景とは直接に関係ないが)「黒い」ということでオススメする脳内BGMは、こちら。

※このコーヒーには、アクリルアミドが含まれています。

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。


帰山人賞を調えています

珈琲遊戯が参加していたフレーバーコーヒー主催のシールラリー2018が終了しました。期間中、お買い上げいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
このシールラリーにおいて、帰山人シールを最も多く貼って応募いただいた方に差し上げる「帰山人賞」は、大阪府Y市のNさんが獲得されました。当選おめでとうございます。
Webライブ放送の当選発表でもお知らせしましたが、珈琲遊戯では「帰山人賞」として当選者Nさんのご要望に合わせて仕立てた珈琲豆を調製します。レッドハニーを主としたおまかせの品をご所望ですので、コスタリカのレッドハニーを4割、残り3種の豆を2割ずつ、計4種配合のブレンド珈琲豆「赤い衝撃」を調えています。生豆の精選を終えて、現在キュアリング中です。後日、焙煎及び調整後に主催者を通じて送付いたします。「赤い衝撃」はNさんだけのものです。

尚、珈琲遊戯では「春コレ」を継続中で珈琲豆「玄鳥来」(つばめくる)・「焙茶王」(あぶっちゃおう)があります。また、珈琲豆「オスクロハニー」と「ほぼブラジル Z」も自画絶賛発売中です。よろしくどうぞ。
※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。


珈琲豆「ほぼブラジル Z」をどうぞ。

「黒い魔神」と呼んでほしい味わいある深煎り、3種の豆による直火手廻し釜「一本焼き」のブレンド珈琲豆「ほぼブラジル Z」の登場です。

 

ブラジルコーヒーの味わいの本源は、そこに確かに残るサウダーヂです。サントアントニオとモンテアレグレ、2種のブラジルが郷愁の薫りと宿命の味を構成しますが、匂い立つ憧憬はコスタリカから借りました。ブラジル9割だから「ほぼブラジル」…2018年の新版「ほぼブラジル Z」をどうぞ。

 

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。


珈琲豆セット「春コレ」をどうぞ。

珈琲遊戯より「春コレ」珈琲豆セットを2種類、謝恩価格にて届けます。

「春コレ 茶」は「玄鳥来」(つばめくる)と「焙茶王」(あぶっちゃおう)の組み合わせ、「春コレ 黒」は「玄鳥来」(つばめくる)と「オスクロハニー」の組み合わせです。

 

「玄鳥来」(つばめくる)…サンディエゴ(コスタリカ)とクラシックウィラ(コロンビア)とマンデリン(インドネシア)を5対3対2で混合焙煎。「フレーバーコーヒー」の焙煎機(富士ローヤル R-103 直火 中川改)を用いて一本焼きした中深煎りの珈琲豆です。

 

「焙茶王」(あぶっちゃおう)…パナマのラ・エスメラルダ農園のパルミラに、静岡の牧之原煎茶 「望」 銀印を含浸させて焙煎。手廻し釜を用いて一本焼きした中深煎りの珈琲豆です。ほうじ茶のフレイバードコーヒーは世界初にして世界唯一でしょう。

 

 「オスクロハニー」 …サンディエゴ(コスタリカ)のブラックハニー100%を手廻し釜を用いて一本焼きした躊躇なく深煎りの珈琲豆です。以前の「赤と黒」セットの「黒」の時よりも焙煎時間を短くしてハッキリとクセ味が残る味わいを強めています。どっしりと濃いめの抽出でお楽しみください。

 

※ご注文はフレーバーコーヒーのWeb通販ページで受け付けています。